ニートを脱却するための就職活動

真剣に就職するという気持ちを抱く

 これまでに仕事をした経験がない人は、仕事を始めることに対して大きな不安を抱いているものです。しかし、不安を抱いているまま就職活動を始めるのは、望ましいことではありません。面接を受けるチャンスを得ることができても、表情などから不安が伝わってしまい、採用される可能性が低くなります。就職したいという気持ちを強く抱き、不安を払拭することが大切です。

就職アドバイザーの支援を受ける

 ニートからの就職活動は、自分の力だけで成功を収めることが難しいです。専門の就職アドバイザーに相談して、どのように活動を進めていくのがよいか、一緒に考えていくようにしなければなりません。十分な支援を受けることで、活動がしやすくなります。

不採用が続いても落ち込まない

 職歴を持っていないニートの場合は、どうしても不採用になってしまう回数が多くなります。面接を受ける前に、書類選考で落とされてしまうことも度々あります。不採用が続くと、誰でも気持ちが沈んでしまうものですが、落ち込まないようにすることが大切です。何度も応募を繰り返していくうちに、不採用になっても次がある、という気持ちになることができます。

web analytics