中卒者にとって就職活動は即戦力となる長所をアピールするチャンスになる

学歴以外の強みが人とは異なった武器となる

 大学入学者数が増えている昨今において、中卒者の就職活動がより難しくなってきているのは事実です。しかし難しくなっている一方で、大卒者の中にはいない中卒者ならではの感性が目立ってきているのも事実です。中卒者はほとんどの人の場合、社会経験が大卒者よりも早く経験しているというケースが多いでしょう。そして実際の社会経験を経たからこその考え方や感性が育ってきています。就職活動において、社会経験の豊富さやまわりとひと味違う個性的な感性は、似たような就活生の中では目立って映るのではないでしょうか。

 中卒者だからと、まわりと比べて怖じ気づくのではなくて、就職活動では中卒者だからまわりが高校や大学に通っている間にこういうことしてきた、学んできたという自負が何より大切になるでしょう。まわりと同じではないからこその強みがあると考えれば、中卒者ということが返って武器となりうるかもしれません。

即戦力が欲しいニーズに応えられるようにする

 就職活動で採用する側にとって、一番欲しい人材とは即戦力だと最近は言われるようになりました。そのため学歴にとらわれず、その人の生き方や考え方、または人柄が選考に大きく影響してくるといいます。例えばボランティア活動をしたり、留学をしたりと、これは大卒者ではなくても中卒者でも同じようにできることです。

 どこの大学を卒業したというより、何をしてきたのかということが問われる就職活動で中卒者が企業や採用者の求めるニーズに応えられるようにするためには、できることをやってみるという心構えです。ボランティアは誰でもやる気さえあればできますし、留学も多少費用はかかりますがチャレンジ精神があれば成し遂げられます。最近の就職活動や企業はそういうやる気やチャレンジ精神を見ています。中卒者かどうかはあまり関係ないこともあります。自分がニーズに合わせられる即戦力であるか、そういう人材になれるようにすることが一番大事なことだといえるでしょう。

web analytics